『練り込み』手作り作品の作り方教室

粘土で模様を作る練り込み

DSCF7428

土に色を練りこむことで 出来る練り込み模様

練り込みには いくつかの技法があり その多くは中国より伝わった物が多く近年になり松井康成氏によって 新たな技法も作り上げられました。この技法に関しては産地といえるものはありません

練り込みは 色の異なる粘土を 組み合わせ 練り込み模様を作り出すものです。この技法では 色粘土をどのように組み合わせるかで様々な模様を作り出すことも出来ます。よく知られている うずら手 模様は赤い土と 白い土を交互に組み合わせて それを 少し厚みの在る板で切ることで 粘土を切った断面が鶉の羽の模様に見えます これを組み合わせて形にすることで うずら手の器が出来ます。練り込みの色は 通常の粘土での組み合わせで色を作る事もできますが 粘土に色顔料を加えて色を作り出すことも出来ます。

練り込み技法の模様には
 マーブル・一松・ストライプ・渦巻き・うずら手・型抜き・練り上げ手・など様々な模様を作り出すことが出来ます。この練り込みの難しさには 異なる粘土の縮み方を あわせる必要があり この縮率を合わせた粘土を作り組み合わせることで器や作品が割れなく出来上がります。
通常 練り込みでは素焼きした後に透明釉を掛けることが多く 特に決まりはありません

(師楽トップページはこちらから)

DSCF7291

練り込みの土を作る
練り込みでは色粘土を作る事が出来ます。粘土に色顔料を混ぜ込むことで鮮やかな色の粘土が出来ます。顔料の割合は1パーセント~20パーセントまで

DSCF7293

練り込みで器を作る
色の異なる粘土を組み合わせて一つの模様を作ります。更に器の形まで一つ一つのパーツを組み合わせ透き間無くつなぎ合わせます。

DSCF7295

色粘土のお皿を作る
色粘土の板を作りこれを型にかぶせます。このとき丁寧に型に密着させヒビ割れなどがないかを確認して完成です。

DSCF7493

粘土を組み合わせます。
異なる粘土を丁寧に組み合わせて模様を作り出します。軽く練り合わせるだけでもマーブル模様が出来ます。

DSCF7423

一松模様を作る
白い粘土と赤い粘土を交互に組み合わせたストライプの粘土を作りこれを交互にずらして積み上げることで一松模様が出来ます。

DSCF7504

練り込み うずら手
赤い土と白い土を交互に積み上げ それを少し厚みの在る板で切ることで模様がひずみ うずらの羽の模様が出来ます これを 更に組み合わせて器にします。

DSCF7498

練り込み 練り上げ
練り上げにはいくつかあります。最も簡単なのが異なる粘土の紐を積み上げるやり方で このとき丁寧に積み重ねないと後でヒビが入ってしまいます。

DSCF7502

型抜きで模様を作る
クッキーなどを作る時の型を使い粘土を入れ替える技法があります。このとき2種類以上の異なる粘土を用意して粘土を入れ替えるようにして模様を作ります。